MENU

プロペシアが効かない人

 

AGAの治療薬として有名なプロペシアですが、効かない人もいるようです。そもそもプロペシアはAGAによる薄毛の治療薬なので、それ以外が原因の薄毛の方には効果がありません。
プロペシアは5α還元酵素を抑制することで、抜け毛を予防する薬です。AGAの原因がDHTの過剰発生です。このDHTの生成に欠かせないのが5α還元酵素なのです。この生成を抑制することでDHTの生成も抑制するのが目的なのです。そのためDHTの過剰発生が原因でない脱毛症、例えば円形脱毛症や女性の薄毛などの場合には、プロペシアでは効果がないわけです。
またAGAの場合でも、かなり進行が進んだ重度の場合には残念ながら効果がない可能性が高いです。もちろんプロペシアにはDHTを抑制する効果がありますが、それが功を奏するのはまだ毛母細胞が残っている場合です。つまり症状が進んで、産毛のような細い毛もなくなった、ツルツルの状態では何をしてもダメなのです。薄毛や抜け毛の治療は早く始めるべきというのは、遅くなると治るものも治らなくなるからなのです。
AGA以外が原因の薄毛や抜け毛の人に効かないのはもちろん、AGAがかなり進んでツルツルになってしまった場合でも、残念ながら効かないのです。