MENU

プロペシアは継続が鍵

 

男性型脱毛症のAGA。この治療薬として知られるのがプロペシアです。主成分のフィナステリドが抜け毛ホルモンとも呼ばれるDHTを抑制、ヘアサイクルを正常化し、発毛に適した頭皮環境へと導いてくれるのです。
AGAの治療にはプロペシアでヘアサイクルを正常化、抜け毛を予防し、ミノキシジルなどの発毛成分で発毛を促進するというのが定石となっています。ただ、これらの薬の効果を持続するには、継続が必要なのです。
というのはプロペシアは、その主成分のフィナステリドによってDHTを抑制するわけですが、服用をやめると効果はなくなってしまうからです。具体的にはフィナステリドは5α還元酵素の生成を抑制するだけだからです。つまり、5α還元酵素が減少すれば、抜け毛ホルモンDHTの生成も抑制されるわけです。ただ、フィナステリドはこの5α還元酵素を抑制するだけであって、直接的にDHTに作用するわけではありません。髪が生えたからもういいだろうと服用をやめてしまうと、DHTが前のように大量発生する可能性が高いので、またヘアサイクルが乱れて元の木阿弥となる可能性が高いのです。そういったことからプロペシアをはじめ、AGAの治療は一旦始めたらやめないで継続することが鍵となるのです。