MENU

抜け毛が減るプロペシア

 

薄毛に悩むと手を出すのが育毛剤です。色々な商品が出ているのでとりあえず試してみるけれど気休めにしかならない。思ったような効果がない。それでもどうにかしたい、そんな方におすすめがプロペシアです。
こちらは男性型脱毛症、AGAの治療薬として有名ですが、具体的には抜け毛を予防してくれるのです。AGAの原因がDHTの過剰発生です。男性ホルモンの亜型であるこのホルモンがヘアサイクルを乱し、本来は強く長く成長しきってから抜け落ちるはずの毛を、成長しきる前に抜け落ちるようなサイクルにしてしまいます。そんな毛が増えることで、徐々に薄毛が進行していくのです。
プロペシアはこのDHTに作用します。具体的にはDHT生成に欠かせないものとして5α還元酵素がありますが、プロペシアの主成分のフィナステリドは、この酵素の生成を抑制してくれるのです。それによってヘアサイクルを乱すDHTも抑制できるので、抜け毛が減るというわけです。
服用開始後1、2週間ほど、一時的に抜け毛が増えることがありますが、頭皮トラブルがなければこれは自然な減少です。初期脱毛といって乱れたヘアサイクルが正常化する過程で起こり得る現象なので、全く持って心配ありません。