MENU

プロペシアのつむじへの効果

つむじ部分の髪が薄くなる、いわゆるO型ハゲは男性型脱毛症という、脱毛症によって引き起こされるケースが多いようです。

 

「男性型」と名前がつけられているように、男性に多い脱毛症で現在、3人に1人は男性型脱毛症になっていると言われる程、多くの男性が悩んでいる脱毛症です。

 

男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンへと変化する事で起こる脱毛症で、徐々に薄毛が進行していきます。
ジヒドロテストステロンは毛根にある毛乳頭という部分の、男性ホルモン受容体と結合し、ヘアサイクルを狂わしてしまうのです。
つむじ部分は特にジヒドロテストステロンが作用しやすいと言われており、男性型脱毛症になりやすいようです。

 

頭皮マッサージや育毛剤といった頭皮ケアをしても、薄毛が進行してしまう、髪が細くなり抜けやすくなったという場合は、男性型脱毛症を疑ってみましょう。
皮膚科やメンズクリニックでは、プロペシアという内服薬による治療を行っています。

 

プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を、抑制する効果を持つ薬です。
服用する事で男性型脱毛症の進行を、食い止める事が可能です。

 

個人差はありますが最低半年、程度飲み続けると効果を感じやすいと言われています。