MENU

プロペシアとテストステロン

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に対して効果を示す薬です。男性型脱毛症はテストステロンという男性ホルモンが影響して引き起こされる薄毛、脱毛症のことです。ここではプロペシアとこの男性ホルモンの関係性について説明します。
男性型脱毛症の原因となるテストステロンは主に精巣で産生されます。その産生量は思春期以降に性器の発達に伴い多くなり、20代前半に最も多くなり、その後徐々に減少していきます。この男性ホルモンは血液循環にのって全身に広がっていきますが、毛根組織に存在する5αリダクターゼによって、活性型へと変化して男性型脱毛症の進行を促します。プロペシアの有効成分フィナステリドは実はこの男性ホルモンと類似の化学構造を有しています。そして男性ホルモンと同様に5αリダクターゼの基質となります。つまり5αリダクターゼをフィナステリドと男性ホルモンで競合するのです。しかしフィナステリドの方が男性ホルモンより5αリダクターゼに対する親和性が強いため、男性ホルモンは活性型に変換されにくくなります。こうなることで男性ホルモンは活性型になることができなくなり、男性型脱毛症は進行しにくくなるのです。こうしてプロペシアは薬効を示すのです。