MENU

プロペシアの副作用について詳しく知りたい!

 

 

プロペシアを服用する場合には副作用がどうしても気になってしまう方も多いようです。
このプロペシアの副作用として、男性機能の劣化、肝機能障害といったものが知られていますね。

 

プロペシアが肝臓に負担をかける、ということが言われることもあるのですが、プロペシアに限ったことではなく薬剤というのは肝臓に負担をかけてしまいます。
プロペシアは継続して長期間服用するので肝臓に負担がかかってしまうのは間違いありません。

 

ただし、この場合には副作用というにはあまりにも小さな問題です。
プロペシアを服用することによって命に関わる副作用を引き起こすようなことはないので心配はいりません。

 

実はプロペシアというのは副作用が起きる確率は5%前後だと言われています。
用法、つまり、用法や用量を守って服用していれば、副作用を引き起こす可能性はかなり低くなりますので安心して良いでしょう。

 

また、薬剤性肝炎という薬物による肝炎を発症してしまうことも稀にあるようですが、これはアレルギーのようなもので服用してみなければ症状が出るかどうかは分からないものです。
そのため、どうしても気になる場合にはプロペシアを服用する前に医師に相談をしてみるようにしましょう。