MENU

プロペシアと血圧の関係

プロペシアはAGAを改善するための薬として承認されている、唯一の内服薬です。実際にAGAで悩む多くの人が使用しており、抜け毛を減らすだけではなく、育毛サイクルを整える効果も期待されています。
人気の高い薬ではありますが、気になるのは副作用です。AGAで悩むのは中年以降の人が多く、持病を抱えて既に薬を飲んでいる人もいます。特に内服薬ですから持病薬と併用出来るのか、血圧が高い人などは「服用して数値が上がるのではないか」と心配ではないでしょうか。
実際のところ、プロペシアが起こす副作用としては、主に生殖機能などにあらわれやすいと報告されていますが、特に血圧に作用する事はありません。添付の説明書にも高血圧の人が服用してはいけないと記載されておらず、これまで使用してきた人達の中で体調を崩したという報告もされていません。
ただどうしても不安が拭い切れない人の場合は、担当してもらっている医師にプロペシアを服用する事を伝え、事前に相談しておくと安心です。
担当する医師がプロペシアやAGAの知識にあまり詳しくなかったとしても、素人判断で勝手に使い始めるよりは安全です。
さらにプロペシアを個人輸入して購入するのではなく、きちんとした病院で医師から処方してもらうと、より安心感が持てます。