MENU

プロペシア併用のコツ

AGA治療に欠かせないのがプロペシアです。主成分のフィナステリドがヘアサイクルを乱す原因のDHTを抑制し、発毛に適した頭皮環境へ導くのです。
プロペシアはAGAに欠かせない治療薬ですが、単にDHTを抑制してヘアサイクルを正常化するだけであって、発毛成分は含みません。つまりこれだけでは抜け毛は防ぐだけで現状維持のみという可能性もあるのです。もちろんヘアサイクルが正常化することで、髪が生えてくるケースもありますが、全てのケースがそうなるとは限りません。そこで通常は発毛成分と併用するのです。
プロペシアとの併用で多いのが、ミノキシジルです。海外では飲み薬もありますが、日本ではまだ未認可のため基本的に塗り薬です。ミノキシジルで発毛できるのは、血行を促進することで発毛を促すという仕組みです。
AGAの治療にはプロペシアでDHTを抑制してヘアサイクルを正常化、抜け毛を防ぎつつ、ミノキシジルで血行を促進して発毛を促すというのが一般的な方法となっています。ただ、これらの薬の効果を最大限に得るためには、髪によい生活、つまり栄養バランスのとれた食事、適度な運動、ストレスの発散、良質な睡眠などが必要になることは忘れないことです。