MENU

プロペシアのデメリット

AGA治療に欠かせないプロペシア。メリットばかりと思いきや、実はデメリットもあるのです。
まずはこれだけでは髪が生えない点です。プロペシアは抜け毛を予防する薬です。というのはAGAの原因であるDHTを抑制するのがこの薬の主な目的だからです。ヘアサイクルを乱すDHTを抑制することで抜け毛は改善されますが、育毛成分は含まれていないのでこれだけでふさふさにするのは難しいのです。
また、一旦飲み始めたら効果を持続するにはずっと飲み続ける必要がある点もデメリットでしょう。プロペシアを飲み始めて髪がふさふさになったからと言って、そこでやめてしまうとまたDHTが大量発生し、元の木阿弥となるのです。それを防ぐには、飲み続けるしかないのです。
それとプロペシアは残念ながらAGA以外の薄毛には効果がありません。男性ホルモンの亜型とも言えるDHTを抑制するのが主な目的なので、それ以外が原因の円形脱毛症や女性の脱毛症には効果がないのです。
それに加えて、男性機能の低下という副作用も報告されています。ただ、これに関しては薬の成分が関係しているのか、それとも心理的なものが関係しているのか、まだはっきりしていません。一説によると成分というよりも、心理的なものが大きく影響しているとも言われています。