MENU

有効成分としてのプロペシア

男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアの錠剤には、有効成分として「フィナステリド」と呼ばれる成分が含まれています。
フィナステリドを体内に投与すると、5α還元酵素の働きを妨げる作用を示します。なぜこの5α還元酵素を妨げるのが男性型脱毛症に有効なのかというと、男性型脱毛症を引き起こす原因とされている物質であるジヒドロテストステロンが、この5α還元酵素とテストステロンと呼ばれる物質が結合して生成されるからです。つまり、体内のジヒドロテストステロンの生成量を減らすことで、ヘアサイクルが乱れるのを抑えて、薄毛が進行するのを遅らせる働きをもたらすために服用するのが、プロペシアに代表されるフィナステリド含有薬ということになります。
ここで注意しなければならないのは、フィナステリドの育毛効果についてです。フィナステリド自身は育毛に関与する成分ではないため、プロペシアを服用するだけでは男性型脱毛症が発症する前の状態に戻すことは非常に難しいです。そのため、専門病院における男性型脱毛症の治療では、プロペシアを利用するのと並行して、ミノキシジルをはじめとする発毛に役立つ成分が含まれている医薬品も投与するのが一般的となっています。