MENU

プロペシアに副作用はあるの?

 

 

プロペシアの服用をすることを考えた時、やはり気になるものといえば副作用です。
そもそも医薬品であるということは、効果があると同時に副作用も起きてしまう、というのは仕方のないことです。
副作用が全くない薬剤なんてものはこの世に存在しません。

 

プロペシアの場合には副作用は性欲減退、ED、精子の減少といったものです。
また、長期的に継続して服用することによって肝機能障害を引き起こしてしまう可能性もあると言われています。

 

しかし、実際に副作用が起きてしまう確率というのは非常に低く、ほとんどの場合には副作用を感じることすらないといわれているのです。
また、副作用が万が一起きた場合でも深刻なものではなく、軽度なものであることがほとんどですので、心配をする必要もありません。

 

ただし、プロペシアを服用することによって身体に異変を感じた場合にはすぐに処方をされた医師に相談をしてみるようにしましょう。
プロペシアによって副作用が出た場合には、服用をやめれば症状は回復するといわれています。
そしてもう1つのプロペシアの副作用として注意すべきことは類似品を購入しないということです。

 

海外で製造されたプロペシアを個人輸入を利用して安価で購入した場合には、類似品を購入してしまうリスクが高くなりますので注意をしておきましょう。