MENU

プロペシアで男性型脱毛症を改善できる?

 

 

男性型脱毛症に悩んでいる方の強い味方になってくれるのがプロペシアになります。
このプロペシアというのは男性ホルモンに影響を与えることによって抜け毛を防いでくれる効果があると言われています。
しかし、副作用のリスクがある、ということも事実なのです。

 

しかし、プロペシアの場合には副作用の影響も比較的少ないと言われているのです。
一般的には日常生活において支障が出るほどの副作用というのは基本的には起こりません。
しかし、プロペシアを服用していることで筋力が低下してしまい、運動能力が低下してしまうことがあります。

 

これは男性ホルモンの働きと非常に深く関係しているのですが、プロペシアに含まれる有効成分のフィナステリドというのはホルモン自体には影響を与えることはありません。

 

プロペシアと関係があるホルモンというのは2つあります。
テストステロン、ジヒドロテストステロンになるのですが、テストステロンというのは筋肉を大きくしたり増やしたりする働きがあります。
さらに性欲、やる気を司っています。
男性器を作りあげるうえで関係しているホルモンになります。

 

そしてフィナステリドはテストステロンがジヒドロテストステロンへと変化する時に必要な5α還元酵素の働きを抑止する効果がありますので、男性型脱毛症に対して効果を期待することができるといわれているのです。